2021年

2021年7月2日

ミネベアミツミ株式会社

ミネベアミツミ、耐久性に優れた半導体デジタル温湿度センサー「MW3827」を新発売

~室内外を問わず、正確な環境モニタリングを実現し、IoT社会に貢献~

ミネベアミツミ株式会社は、高温高湿下でも特性変動の小さく(5%RH以下)耐久性に優れた半導体デジタル温湿度センサー、MW3827を2021年7月より発売致します。本製品は、独自設計の半導体デバイス構造によって、経年劣化を抑制し、高い信頼性を維持します。

温湿度センサーは、エアコンや空気清浄機、冷蔵庫などの家電機器や、温湿度計、熱中症計などの環境モニタリング用途で使用されています。また近年、IoTソリューションの拡大やスマートシティの取り組みにより、更なる需要増加の傾向にあります。
当社が今回初めて発売する本製品は、現行品が苦手とする水滴・コンタミ(ほこり)付着時の出力誤差や精度劣化を抑え、低湿度から高湿度の全領域(0~100%RH)において正確なセンシングを実現します。

※85℃85%RH.保存試験結果

特長概要

  • ① 自社で独自開発した耐久性のある感湿膜(センシングポリマー)を使用
  • ② 感湿膜のオーバーコート(※下図参照)によって上部電極の腐食を防ぐとともに、センサー表面に異物が付着することによる特性への影響を防止。ホコリや腐食性ガスなどの影響をほとんど受けません。
    * 特許取得済み(特許第06790327号、特許第06770238号、意匠第01631397号)
  • ③ 乾燥時の低湿度から、結露状態を含めた高湿度まで、安定して測定可能です。
  • ④ 湿度変化に対する素早い応答性(6秒)を備えています。
画像:特長概要

MW3827 製品の特長

静電容量式デジタル温湿度センサー
●電源電圧範囲 :2.2~5.5V
●動作湿度範囲 :0~100%RH
●動作温度範囲 :-40~105℃
●湿度精度 Typ. :±2%RH
●温度精度 Typ. :±0.5℃
●湿度応答性 :6秒
●インターフェース :I2C
パッケージ :PLP-6L
外形寸法 :2.0×2.0×0.8(W×D×H) mm

主な用途

  • ① エアコン、空気清浄機、冷蔵庫、除湿機、全熱交換器(換気扇)、熱中症計などの電化製品
  • ② スマートシティなどの環境モニタリング
  • ③ ビニールハウスなどの農業施設
  • ④ CPAP、呼吸補助機などの医療機器
    * CPAP(Continuous Positive Airway Pressure):持続陽圧呼吸装置
画像:エアコン

エアコン

画像:空気清浄機

空気清浄機

画像:熱中症計

熱中症計

画像:スマートシティ

スマートシティ

画像:ビニールハウス

ビニールハウス

画像:CPAP

CPAP

製品写真

製品写真

MW3827 生産計画

量産開始時期 :2021年7月~
量産数量 :10万個/月
生産場所 :日本
サンプル価格 :300円
製品関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 ミツミ事業本部 半導体事業部 戦略技術部
Phone: 046-230-3470(部門代表)
報道関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703 Fax: 03-6758-6718
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube