2017年

2017年11月21日

画像:FASFマーク

ミネベアミツミ株式会社

ミネベアミツミのスマートLED照明「SALIOT CUBE」が、
2017年度「アジアデザイン賞(DFA)」を受賞

ミネベアミツミ株式会社(以下ミネベアミツミ)のスマートLED照明「SALIOT(Smart Adjustable Light for the Internet Of Things、サリオ)」のキューブデザインタイプ「SALIOT CUBE」が、このたび香港デザインセンターが主催する「アジアデザイン賞(DFA)」を受賞いたしました。
「SALIOT CUBE」は、「2016年度グッドデザイン賞(日本)」「2017 iF Design Award(ドイツ)」を受賞しており、3度目のデザインアワードを受賞したことになります。

DFAにおいて、「SALIOT CUBE」では、デザインの新規性や先端テクノロジーの活用による革新性をアピールし、「Merit Award」を受賞することができました。

各国のデザインアワードを受賞している本製品は、最新鋭の美術館、博物館はもとより、新しい価値を追い続ける百貨店、デザインショップ、各種ショールーム、会議場、婚礼施設、ホテル、映像撮影スタジオ、飲食店などでの用途を想定しています。

ミネベアミツミは、無線・有線がつながるコネクティビティ、センサー、IoTが、部品業界のキーワードになると考え、研究開発に取り組んでいます。特に、照明はこれからのIoT社会において、暮らしの中のデバイスをつなぐ、重要な位置づけになりうると考えています。ミネベアミツミは今後も、照明に新しい付加価値を加え、照明業界の皆様、エンドユーザーの皆様の暮らしに役立つ製品をお届けできるよう、挑戦を続けてまいります。

<SALIOT CUBE>

ミネベアミツミは、LEDバックライトで培った導光板の技術・樹脂成形技術を応用し、業界初となる光の配光角を自動で可変できるLED照明器具「SALIOT」を開発し、2015年7月より、量産・販売を開始いたしました。「SALIOT」は、発光ダイオードとレンズの距離をモーターで制御することで、光の照射域や角度を9°~34°まで調整できるだけでなく、無線技術を応用した独自のソフトウェア開発により、スマートフォン・タブレットで配光角・明るさ・上下・左右を容易にコントロールすることができる製品です。

発売開始以来、製品ラインナップは、中型スポットライトに始まり、小型サイズ、ユニバーサルダウンライトタイプなど用途に応じて拡大してまいりました。「SALIOT CUBE」は、その外観をシンプルで力強く、かつ空間と協調できるミニマルなキューブスタイルにまとめたものです。

※2015年7月時点 当社調べ

アジアデザイン賞(DFA)とは

香港デザインセンターが2003年にスタートしたアジアデザイン賞(DFA)は、社会におけるデザイナーの役割を支え、アジアにおいてアジアのために影響を与える優れたデザインを称えるために設立されました。また、香港の新鋭デザイナーに対する表彰も目的としています。DFAアジアデザイン賞は、アジアの美と文化を体現し、アジアにおいてアジアのために、そのデザイントレンドに影響を与えた幅広いデザインを対象としています。
2017年には、本賞の権威とアジアのデザインパワーの成長を反映して、23の国と地域から1,000件以上の応募が寄せられました。

https://dfaawards.com/新しいウィンドウで開く

ショールームのご案内

今回受賞した「SALIOT CUBE」をはじめ、スマート照明「SALIOT」の最新モデルとその機能を体験いただくことができる「SALIOTショールーム」を2017年9月27日にオープンいたしました。ショールームの内装設計は、国内外で活躍されるデザイナー森田 恭通氏(GLAMOROUS co.,ltd.代表)を起用。森田 恭通氏による空間デザインとSALIOTの融合により、光と影がおりなす美しいランドスケープが広がります。

住所 〒108-0073 東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル1階
TEL 03-6758-6733
FAX 03-6758-6741
Mail saliot@minebeamitsumi.com
ご予約 ご見学は原則的に予約制ですので、事前にお電話またはメールにてご連絡をお願いたします

関連情報

以上

販売・取り扱いについてのお問合わせ先 SALIOT担当窓口
Phone: 03-6758-6748 Mail: saliot@minebeamitsumi.com
報道関係お問い合わせ先 広報室
Phone: 03-6758-6703 FAX: 03-6758-6718
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る