2015年

2015年7月30日

画像:FASFマーク

ミネベア株式会社

環境省JCM設備補助事業採択内定のお知らせ

~無線ネットワークを活用した高効率LED街路灯のカンボジア導入プロジェクト~

ミネベア株式会社(以下ミネベア)は、2015年6月30日、環境省による「二国間制度(Joint Crediting Mechanism, JCM)を利用したプロジェクト設備補助事業」において、カンボジアにおける無線ネットワークを活用した高効率街路灯導入事業者として採択内定を受けました。

ミネベアは、LEDバックライトに使用している超薄型レンズなどの技術を応用し、光の配光を調節できる照明器具を研究しています。2014年に資本参加したスイスParadox Engineering社の無線ネットワーク、2014年に合弁会社MIK Smart Lighting Network株式会社をたちあげた岩崎電気株式会社の街路灯を組みわせ、高効率なLED街路灯の開発に取り組んでまいりました。この街路灯は、無線ネットワークによる自在な調光コントロール、運転時間や消費電力量のモニタリングなどが可能で、エネルギー使用量、GHG (Green House Gas、温室効果ガス)排出量を大幅に削減することができます。

カンボジア王国は、その急激な発展に伴いインフラ整備需要が高まっている一方、輸入電力に頼っており、ASEAN各国の中でも電力が高価であるという課題があります。ミネベアは、前述の照明器具の諸研究開発の成果と岩崎電気株式会社との協業により、2015年3月末までの一年間をかけてカンボジアに於いて事業化検討を行いました。その結果、3,590(tCO2/年)のCO2削減効果が期待できる計画を策定する事ができました。今後3年間に渡って環境省の補助金を受けながら、本事業の実施によりCO2削減と、カンボジアのエネルギー使用量、GHG排出量の大幅な削減、電力消費の削減に貢献していまいります。

スマート街路灯の設置地域

①プノンペン市内 3か所
②シュムリアップ市内 2か所(含むアンコールワット周辺道路)

環境省「二国間クレジット制度を利用したプロジェクト設備補助事業(JCM設備補助事業)」とは

途上国において、優れた低炭素技術等を活用してCO2排出削減を実施し、測定・報告・検証(MRV)を行う事業です。これにより算出された排出削減量を、JCMにより日本の排出削減量として計上することを目指して、環境省から事業者(国際コンソーシアム)に対し初期投資費用の1/2を上限として設備補助が行われます。
http://www.env.go.jp/press/101143.html新しいウィンドウで開く

以上

報道関係お問い合わせ先 ミネベア株式会社 広報室
Phone: 03-6758-6703 FAX: 03-6758-6718
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る