2021年

2021年10月15日

ミネベアミツミ株式会社

ミネベアミツミ、共創の場形成支援プログラムへ参画機関として参加

ミネベアミツミ株式会社は、国立研究開発法人科学技術振興(JST)が推進する「共創の場形成支援プログラム」へ、代表機関の学校法人慶應義塾とともに参画機関として参加いたします。

本プログラムは、大学等を中心として、企業や自治体・市民等多様なステークホルダーを巻き込んだ産学官共創により、ウィズ/ポストコロナ時代を見据えつつ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のあるべき社会像を拠点ビジョンとして掲げ、その実現のため「イノベーションに資する研究開発」とそれを支える「自立的・持続的な拠点形成が可能な産学官共創システムの構築」に取り組むものです。

ミネベアミツミは、この拠点ビジョンにおいて、「誰もが参加し、繋がることでウェルビーイングを実現する都市型ヘルスコモンズ共創拠点」に含まれる研究課題「認知症に寄り添い生き生き暮らすこころの研究」で、サイエンスナレッジ・データ基盤構築の一翼を担う役割として参画いたします。今回の共創拠点では、弊社製品のうち業界トップレベルの高分解能・高精度を誇るベッドセンサーシステム®の可能性に着目されお声がけいただいたことをきっかけに参加することを決定いたしました。今後、高分解能・高精度という強みを背景に、利用者へ非接触・非侵襲で生体活動が持続的に検知できる特長を活かし、プロジェクトの目的達成に向け貢献いたします。

国立研究開発法人科学技術振興(JST)プレス発表場所

共創の場形成支援プログラムCOI NEXTウェブサイト上にて発表新しいウィンドウで開く

プロジェクト概要新しいウィンドウで開く

本事業の内容に関するお問い合わせ

慶應義塾大学共創の場COI NEXT 事務局(担当:根本寛子)
E-mail: kyoso-keio-office@adst.keio.ac.jp

以上

ベッドセンサーシステムについて

ベッドセンサーシステムは、ベッド脚下にお手軽に設置できる見守りセンサーシステムで、利用者のベッド上での状態・バイタル情報を高精度にモニタリングすることが可能です。
介護従事者・ご利用者さまのご負担やご不便を劇的に軽減する、次世代型ケアサポートシステムです。

ウェブサイトはこちら新しいウィンドウで開く

YouTubeはこちら新しいウィンドウで開く

※ベッドセンサーシステムは、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。登録番号は6152256号です。

ミネベアミツミについて

ミネベアミツミは、機械の回転をスムーズにするベアリング(軸受)をはじめ、モーター、センサー、半導体など、様々な機械・電子部品を手がける相合(そうごう)*部品メーカーです。
当社の超精密技術は、エアコン・掃除機・ドライヤー、ゲーム機などの家電製品、スマートフォン・パソコンなどの情報機器、自動車・航空・宇宙製品、そして医療機器など、幅広い分野で使用され、目に見えないところで皆様の生活をお支えしております。

* 相合:「総合」ではなく、「相い合わせる」ことを意味し、自社保有技術を融合、活用して「コア製品」を進化させるとともに、その進化した製品をさらに相合することでさまざまな分野で新たな製品を創出すること。

報道関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703 Fax: 03-6758-6718
E-mail: koffice@minebeamitsumi.com
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube