2021年

2021年7月28日

ミネベアミツミ株式会社

ミネベアカンボジアが「第3回ASEAN-OSHNET Award」"Excellence Awards" を受賞

~日系企業の受賞は初~

このたび、ミネベアミツミ株式会社(以下ミネベアミツミ)のカンボジアにおける製造子会社ミネベアカンボジアが「第3回ASEAN-OSHNET Award」の"Excellence Awards"を受賞いたしました。

「ASEAN-OSHNET(アセアン諸国連合労働安全衛生ネットワーク)」とは、アセアン諸国の労働条件と労働環境の改善を目的に、生産性が高く競争力のある労働力を確保し、情報の収集や普及、研究・研修を行う機関です。

同機関が主催する「ASEAN-OSHNET Award」は、ASEAN各国において労働安全衛生が優れた企業をそれぞれ選定し、ASEAN全体で表彰するものです。そのなかでも、"Excellence Awards"は、各国の中で、最も優れた労働安全衛生管理システムを有する企業1社に贈られ、カンボジアにおいて、日系企業の受賞は初となります。

同賞は、2016年にスタートし、2020年が第3回となります。表彰式は新型コロナウイルス感染の影響を受け1年間延期となっていましたが、2021年7月27日(火)にオンライン形式で実施されました。

受賞理由

2020年2月、労働職業訓練省がカンボジア工場を訪問し、当社の安全衛生活動について視察されました。
約6,000名の従業員が安心・安全に働くことのできる職場を目指して、ミネベアミツミグループでグローバルに共有されている安全衛生ノウハウ・災害防止対策の速やかな共有・展開、また、寮・食堂や医務室の充実した福利厚生施設等、様々な取り組みが評価され、今回の受賞となりました。

ミネベアカンボジアの安全衛生の取り組み

  • 安全衛生チームによる工場内パトロール
  • 災害報告における現場検証および改善活動
  • プラスチック削減活動
  • 防災訓練(毎年2回)
  • 消火器訓練(毎月)

ミネベアミツミは、企業活動・製品そのものをとおしてSDGs達成・地球環境改善をサポートし、サスティナブルな社会の実現に貢献しています。今後も、グループ全体で働きがいのある魅力的な職場環境への改善に継続的に取り組み、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に貢献してまいります。

表彰式(リモート画面より抜粋)の様子

表彰式(リモート画面より抜粋)の様子
(右 プレゼンター 
ラオス保健省 副省長
Phongsaysak Inthalath氏
左下 Minebea (Cambodia) Co., Ltd.
Vice President 西原 慶)

消火器訓練の様子

消火器訓練の様子

SDGs 17の目標(8:働きがいも経済成長も)

ミネベアミツミについて

ミネベアミツミは、機械の回転をスムーズにするベアリング(軸受)をはじめ、モーター、センサー、半導体など、様々な機械・電子部品を手がける相合(そうごう)*部品メーカーです。
当社の超精密技術は、エアコン・掃除機・ドライヤー、ゲーム機などの家電製品、スマートフォン・パソコンなどの情報機器、自動車・航空・宇宙製品、そして医療機器など、幅広い分野で使用され、目に見えないところで皆様の生活をお支えしております。

* 相合:「総合」ではなく、「相い合わせる」ことを意味し、自社保有技術を融合、活用して「コア製品」を進化させるとともに、その進化した製品をさらに相合することでさまざまな分野で新たな製品を創出すること。

ミネベアミツミグループ ESG事例集(minebeamitsumi.com)

報道関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703 Fax: 03-6758-6718
E-mail: koffice@minebeamitsumi.com
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube