2020年

2020年8月31日

ミネベアミツミ株式会社

ミネベアミツミのセンサー付きLED道路灯を活用した
スマートシティソリューションの実証実験、大阪にて実施

ミネベアミツミ株式会社(以下「ミネベアミツミ」)は、大阪府、大阪市、大阪商工会議所で構成する「実証事業推進チーム大阪(以下、「推進チーム」)」にご支援いただき、スマートシティソリューションの開発に向けた実証実験を、2020年9月1日より開始することになりましたので、お知らせいたします。
ミネベアミツミのスマートシティソリューションは、独自技術の無線を活用したスマートライティングに環境センサーやカメラ等を搭載して、道路近辺の環境状況、交通量、路上の冠水等を把握することを目指しています。
推進チームは、大阪における実証実験をより円滑・効果的に実施できるよう支援しており、今回の実証支援もその取り組みの一環となります。

画像:今回設置するスマートライティング(イメージ)

今回設置するスマートライティング
(イメージ)

今回の実証実験では、道路近辺の環境状況(風速・風向、温度・湿度、気圧、降雨の有無、照度、UV、加速度)を把握できるセンサーを搭載した道路灯を、大阪府が管理する道路6か所に設置し、無線通信により道路灯の照度等の一元管理を行うほか、環境状況のデータを収集します。収集されたデータを活用することで、府が管理する山間部や臨海部の道路で気象状況(温度・風速・気温等)が即座に確認でき、特に夏季・冬季の道路管理に活かせる気象状況の把握が可能かを検証します。

ミネベアミツミは、環境省による「二国間クレジット制度(JCM)を利用したプロジェクト設備補助事業」に採択されました。その後、スマートライティングのソリューションをカンボジア全州で展開しています。また、国内でも試験導入を行っていますが、今回の実証実験は当社にとって国内で過去最大の規模となります。今回の実証実験で搭載した環境―センサーの他に、交通量を測定するカメラ、氾濫水を検知する水位センサー、降水量を測定する積雪深計、雨量計も構想されています(一部開発中)。
今後、地方自治体への展開を目指しています。

今後も推進チームは、大阪府、大阪市、大阪商工会議所が緊密に連携し、「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025年大阪・関西万博を見据えて引き続き実証支援の取り組みを積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組みます。

実施概要

日時: 2020年9月1日(火)~2021年8月31日(火)
※設置場所により、実証期間は数日前後する
場所: 大阪府が管理する道路 6か所
実施主体: ミネベアミツミ株式会社
(本社:長野県北佐久郡御代田町
代表取締役 会長兼社長執行役員
(CEO & COO):貝沼 由久)

ミネベアミツミのスマートシティソリューション

ミネベアミツミは、業務提携関係にある岩崎電気と無線機能付き高効率LED道路灯を開発し、2015年より「スマートシティ新しいウィンドウで開く」プロジェクトを進めています。
この無線機能付きLED道路灯をクラウドで一元管理することにより、点灯時間や消費電力量のモニタリングが可能となり、各種センサー(環境センサー、パーキングセンサー等)、電力メーター、監視カメラなどを組み合わせ、都市生活にかかわる機能を一括してモニタリングできるシステムの構築を進めています。
照明機器を、ただ単にあかりをともすだけではなく、省エネルギーや都市生活の利便性向上、安全性の向上など、様々な付加価値を持つデバイスに進化させるべく、チャレンジを続けています。

※ミネベアミツミのスマートシティを支える通信方式:6LoWPANについて

  • メッシュ状にネットワークを構築し、木や建物などの多いエリアで有効です。
  • 通信がダウンした場合、無線機能付きLED道路灯が自動的に新しいネットワークを構築します。
画像:CMS(Central Management System)
画像:独自の工学設計により優れた省エネ性能を実現

ミネベアミツミグループについて

ミネベアミツミは、IoT(Internet of Things)時代に貢献するエレクトロメカニクスソリューションズ®*プロバイダーとして世界シェアNo.1**を誇るミニチュア・小径ボールベアリングから、モーター、センサーや、半導体、無線技術に至るまで、幅広い先端技術を相い合わせ、常識を超えた「違い」で新しい価値を作り出す「相合(そうごう)」精密部品メーカーです。

設立年月日: 1951年7月16日
資本金: 68,258百万円(2020年3月末現在)
代表者: 代表取締役 会長兼社長執行役員
(CEO & COO) 貝沼 由久
事業内容: ベアリングなどの機械加工品事業、
電子デバイス、小型モーターなどの電子機器事業、
自動車部品・産業機械・住宅機器事業
上場証券取引所: 東京、名古屋
連結売上高: ミネベアミツミグループ 978,445百万円
(2019年4月1日~2020年3月31日)
エイブリックグループ    30,574百万円
(2019年4月1日~2020年3月31日)***
従業員数: 連結約10万人
拠点数: 27か国 製造・研究開発93拠点、
営業91拠点、計184拠点
ウェブサイト: www.minebeamitsumi.com

* エレクトロメカニクスソリューションズは、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。登録番号は5863395号です。

** 外径22㎜以下のボールベアリング市場。ミネベアミツミ調べ。

*** エイブリックグループは、2020年4月30日付で、経営統合によりミネベアミツミグループの一員となりました。

報道関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703
E-mail: koffice@minebeamitsumi.com
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube