2019年

2019年6月4日

ミネベアミツミ株式会社

カンボジアサッカー代表チーム・オフィシャルパートナーとしてスポンサー契約を締結

Logo: MinebeaMitsumi FFC

ミネベアミツミ株式会社(以下:ミネベアミツミ)のカンボジア現地法人Minebea (Cambodia) Co., Ltd.は、このたびカンボジアサッカー代表チーム(Cambodia National Football Team)のオフィシャルパートナーとなり、カンボジアサッカー連盟(Football Federation of Cambodia、以下:FFC)とスポンサーシップ契約を締結いたしました。

※より詳細な発表内容は、Minebea (Cambodia) Co., Ltd.ウェブサイト新しいウィンドウで開くよりご覧ください。

ミネベアミツミグループのカンボジアにおける取組

総合精密部品メーカー・ミネベアミツミは、カンボジアのプノンペン経済特区に同国初の精密電子部品メーカーとして、2010年に現地法人を設立。翌2011年に生産を開始しました。設立以来、小型モーターなどさまざまな電子部品の製造を通じて、雇用創出や従業員の生活環境整備、人材育成など地域社会への貢献に努めてまいりました。現在カンボジア工場は、従業員は約9,000人、雇用者数において日系企業最大の現地法人となり、当社グループにとって重要な製造拠点の一つに成長しております。
また、2015年より「スマートシティ新しいウィンドウで開く」プロジェクトを進め、高効率LED道路灯をプノンペンとシェムリアップに約6,000本設置し、ワイヤレスネットワーク・各種センサーを組み合わせ、省エネルギー化やインフラ整備などの課題解決およびカンボジアの持続的成長への貢献に取り組んでまいりました。

スポンサー契約の経緯について

ミネベアミツミ代表取締役 会長兼社長執行役員 貝沼 由久のコメント
「カンボジアは、経済成長率約7%(カンボジア中央銀行調べ、2019年予測)の成長著しい国ながら、平均年齢は約25.6歳(国連データ)と言われており、若者が国の成長発展を支えています。また、サッカーは、カンボジアで最も人気のあるスポーツの一つであり、カンボジアサッカー代表チームの活躍は、カンボジアや日本にとどまらず、世界中の関心を集めています。
一方、当社も主力であるミニチュア・小径ボールベアリングをはじめ、世界トップシェアを誇る製品を多数持ち、グローバルな舞台で、No.1を目指し事業活動に取り組んでいます。
カンボジアサッカー代表チームの国際舞台での挑戦・活躍をサポートすることで、カンボジアの経済を支えている若者たちとともに、当社のスローガン「Passion to Create Value through Difference」にも掲げている「情熱」、そして自信と喜びを分かち合い、世界を舞台にさらなる成長を目指していきたいと考えております」。

スポンサー契約について

契約名称: パートナースポンサーシップ
契約対象: カンボジア‘A’ナショナルチーム
契約期間: 2年間
スポンサー内容: 選手およびスタッフが着用する公式ユニフォームへのミネベアミツミロゴの掲出、スタジアムなどでのロゴ掲出、オフィシャルスポンサーゲームの開催(第1回は6月6日 パキスタン戦 ナショナルスタジアム[プノンペン])など

ミネベアミツミはカンボジアサッカー代表チームのサポートを通じて、カンボジアのさらなる成長の可能性を広げられるよう、応援してまいります。

photo : ユニフォーム写真

カンボジアサッカー代表ユニフォーム

ミネベアミツミグループについて

ミネベアミツミは、IoT(Internet of Things)時代に貢献するエレクトロメカニクスソリューションズ®*プロバイダーとして世界シェアNo.1**を誇るミニチュア・小径ボールベアリングに代表される超精密機械加工技術から、モーター、センサーや、半導体、無線技術に至るまで、幅広い先端技術を相い合わせ、常識を超えた「違い」で新しい価値を作り出す「相合」精密部品メーカーです。

売上高1兆円または営業利益1,000億円の目標をかかげ、現在27か国166拠点、従業員約10万人を誇ります。
ミネベアミツミは生産約9割、販売約7割、従業約9割と海外比率の高さが特徴の一つとなっています。アジアを中心とした進出国で現地の従業員を雇用し、人材教育を行いながら共に成長していくことを、ミネベアミツミは大切にしています。

設立年月日: 1951年7月16日
資本金: 68,258百万円(2019年3月末現在)
代表者: 代表取締役 会長兼社長執行役員(CEO & COO) 貝沼 由久(かいぬま よしひさ)
事業内容: ベアリングなどの機械加工品事業、電子デバイス、小型モーターなどの電子機器事業、自動車部品・産業機械・住宅機器事業
上場証券取引所: 東京、名古屋
連結売上高: ミネベアミツミグループ 884,723百万円(2018年4月1日~2019年3月31日)
ユーシングループ    148,566百万円(2018年1月1日~2018年12月31日)

* エレクトロメカニクスソリューションズは、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。登録番号は5863395号です。

** 外径22㎜以下のボールベアリング市場。ミネベアミツミ調べ。

ミネベアミツミのサスティナビリティ

ミネベアミツミグループは、企業の使命とは法令の遵守だけではなく、企業倫理に則した公正かつ、適切な事業運営を通じて、地球環境および人類の持続可能な発展に貢献することであると考えています。この使命を果たすため、当社グループでは、社是として位置付けた「五つの心得」と、これを基本とした「ミネベアミツミグループのCSR基本方針」および「ミネベアミツミグループのCSR実践に向けた活動方針」を策定し、取り組みを進めています。
また、2012年に参加を表明した国連グローバル・コンパクトの10原則や、2015年に国連持続可能な開発サミットにおいて採択されたSDGs(持続可能な開発目標)についても重要な考えと位置付け、サスティナブル社会への貢献に努めています。

サスティナビリティページ

image : SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

以上

報道関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703 FAX: 03-6758-6718
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る