2018年

2018年7月24日

ミネベアミツミ株式会社

ミネベアミツミとリコー、介護市場向けベッドセンサーシステムを販売開始

  • 2018年7月30日より、ミネベアミツミとリコーの共同事業開発による「リコー みまもりベッドセンサーシステム」を発売
  • 高精度センサーをベッド脚に設置し、非接触・非侵襲(苦痛を伴わないこと)で体動・参考体重などを検知可能
  • 「離床検知」「活動履歴レポート」「同時見守り」「参考体重レポート」など多彩な機能を充実。利用者の安全・ストレス軽減、ご家族の安心、介護従事者のケアの品質の向上と業務負担軽減などを、センサー・ワイヤレスなどIoT技術で貢献。

ミネベアミツミ株式会社(代表取締役 会長兼社長執行役員 貝沼 由久、以下ミネベアミツミ)と株式会社リコー(代表取締役 社長執行役員 山下 良則、以下リコー)は、利用者のベッド上での体動・参考体重などのバイタル情報を、高精度にモニタリングできる「リコー みまもりベッドセンサーシステム」を共同事業開発し、リコーが介護市場向けに2018年7月30日に新発売します。

「リコー みまもりベッドセンサーシステム」は、ベッドの4つのキャスターに高精度センサーを設置し、ベッド上の人の活動状態を、人体に触れず、また機器の存在を気にすることなく、PCやモバイル機器などでモニタリングできるシステムです。

超高齢化がますます進む社会において、社会保障費の増大、介護人材の不足などが深刻な問題となっています。みまもりベッドセンサーシステムは、遠隔で利用者のベッド上での起き上がりを検知し、早めの対応ができるため、転倒・転落の予防が可能となり、ADL(Activities of Daily Living)の維持、QOL(Quality of Life)の向上につながります。また、体動データの蓄積により、生活リズムの把握ができ、効率的かつ先読みの見回り業務が可能になり、利用者のストレスを軽減すると同時に、介護施設側の業務負荷軽減に貢献します。

ミネベアミツミとリコーは、2017年5月にベッドセンサーシステムの事業化に向けた共同事業開発契約を締結し、複数の介護施設での実証検証などを通して現場の声も取り入れながら開発を進めてまいりました。

リコーグループの国内販売会社であるリコージャパン株式会社が販売を担い、これまで介護事業者向けソリューションの販売で築いてきた顧客基盤や全国428拠点のサービス体制を活かして、設置・設定・監視からセキュリティまでをトータルでサポートします。まずは介護施設を中心に展開し、今後は、介護施設以外に在宅介護など様々なお客様のニーズにお応えする商品へとさらに共同事業開発を進めてまいります。

画像:ベッドセンサーシステム画像:ベッドセンサーシステム

新製品「リコー みまもりベッドセンサーシステム」の主な特徴

1. 利用者のベッド上での活動状態を検知し8種のパターンで表示する、「離床検知機能」

画像:離床検知機能
  • 高精度の荷重センサー技術により、利用者の微小な動きを検知し、動き出し、起き上がり、端座位、離床などのベッド上の状態を8種のパターンで表示。状態がひと目で把握でき、転倒・転落などのリスク軽減につながります。
  • 介護者はPCやモバイル機器など遠隔で常時確認できるため、適切なタイミングで訪室することができ、訪室過多による利用者のストレス軽減と、介護者の業務負荷軽減の両立が可能です。

2. 24時間×14日の活動履歴レポートを一覧表示する、「活動履歴レポート機能」

画像:活動履歴レポート機能
  • 利用者の1日の睡眠・覚醒・離床状況を記録し、レポート形式で一覧表示することで、利用者の生活パターンを把握できます。
  • 利用者のご家族への生活状況の説明や、ケアプランの作成・見直し、また介護者のシフト間の申し送りなど様々な場面での活用が可能です。

3. 最大20床*まで見守ることができる、「同時見守り機能」

画像:同時見守り機能
  • 利用者のベッド上での状態を最大20床まで同時に確認可能。
  • 見守りポイントに特化した視認性の良い配色とレイアウトにより、夜間など介護スタッフが少ない時間帯にも入居者の状態を効率よく見守りでき、介助の必要性にもとづき、優先順位をつけることができます。

    * 21床以上設置する場合は、サーバーの追加が必要です。

4. 体重測定作業をセンサー検知で効率化する、「参考体重レポート機能」

画像:参考体重レポート機能
  • これまで手間と時間のかかっていた体重測定作業を、センサー検知で効率化し、長期管理することで利用者の健康状態の把握をサポート。
  • 日時、月次、長期の体重変動をレポートで提供できるため、利用者ご家族との共有や、医療機関との連携もスムーズになります。

新製品「リコー みまもりベッドセンサーシステム」の標準価格(税別)

リコー みまもりベッドセンサーシステム タイプC1 200,000円
リコー みまもりベッドセンサーシステム タイプC1 増設キット 180,000円
サービス料金(1-4台) 月額/台 1,900円
サービス料金(5-20台) 月額/台 1,800円
サービス料金(21台以上) 月額/台 1,700円

※1年間の初年度無償保証付。2年目以降の保守は有償。
※別途、設置料、サービス登録手数料などが必要。

以上

ミネベアミツミグループについて

2017年1月27日、ベアリングなどの機械加工品、モーター、センサーなどの電子機器を主力とするミネベア株式会社は、電子部品メーカーのミツミ電機株式会社を完全子会社化することによって両社の経営統合を行い、社名をミネベアミツミに変更し、新たなスタートをきりました。
この統合により、グローバル17か国64拠点の製造拠点、従業員約10万名の総合精密部品メーカーが誕生したことになります。(2018年3月期ミネベアミツミグループ連結売上は8,791億円)。

ミネベアミツミはIoT(Internet of Things)時代に貢献するエレクトロメカニクスソリューションズ®*プロバイダーとしてベアリングに代表される超精密機械加工技術から、モーター、センサーや、半導体、無線技術に至るまで、幅広い先端技術を組み合わせ、常識を超えた「違い」で新しい価値を作り出してまいります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。http://www.minebeamitsumi.com/
*エレクトロメカニクスソリューションズは、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。登録番号は5863395号です。

リコーグループについて

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。http://jp.ricoh.com/新しいウィンドウで開く

報道関係のお問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報室
Phone: 03-6758-6703(直通) E-mail: koffice@minebeamitsumi.com
株式会社リコー 広報室
Phone: 050-3814-2806(直通) E-mail: koho@ricoh.co.jp
お客様からのお問合わせ先 リコージャパン株式会社
新規事業本部 産業ソリューション事業部
ヘルスケア事業推進室 ヘルスケアビジネスグループ
Phone: 050-3534-6667(直通) E-mail: zjp_hcbg@jp.ricoh.com
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る