2017年

2017年3月6日

画像:FASFマーク

ミネベアミツミ株式会社

コンパクトかつハイパワー 無線通信で製造現場のIoT化にも貢献!
可動ノズル型切削油噴射装置「Wavy Nozzle 2(ウェイビーノズル2)」を新発売!

ミネベアミツミ株式会社 機械加工品製造本部 メカアッシー事業部は、クーラント*1揺動噴射により切粉除去を促進する可動ノズル型切削油噴射装置「Wavy Nozzle(ウェイビーノズル)®」の新機種を開発し、「Wavy Nozzle 2(ウェイビーノズル2)」として2017年4月より販売を開始いたします。

1. 小型化により装着の自由度を更に拡大!

内部構造を徹底的に見直すことにより、ノズルの動作性能はそのままに、噴射ユニット本体の大きさを従来機比で49.7%まで小型化することに成功しました。従来モデルの装着が難しかった加工スペースが小さな工作機械への搭載が可能です。

2. クーラント最大供給可能圧力を2倍にパワーアップ!

クーラントの最大供給可能圧力を従来の2MPaから4MPaにアップさせました。これにより一般的なほとんどの中圧クーラントポンプ装置から、ダイレクトにクーラント供給ができるようになります。より強力なクーラント噴射とノズル揺動との組み合わせで、一層の切粉除去効果が期待できます。

3. Wavy Nozzle 2を搭載するだけで、手軽にIoTを実現!

WavyNozzle 2は従来の有線式コントローラーだけでなく、お手持ちのスマートフォンなどに専用のアプリをダウンロードするだけで、Wavy Nozzleと通信できる無線式コントローラー*2として使用することが可能です。
無線通信は、Bluetooth Mesh方式を用いており、また1台の無線式コントローラーで最大50台のWavy Nozzle 2と通信させることができます。微弱電波でも広い工場内で安定して使用できます。
さらに、マシンモニタリング機能を新たに追加したことにより、工作機械の運転状況をアプリでモニタリングすることができます。

  • *1 クーラント 機械加工の際に加工点の冷却・潤滑を行うための切削液・研削液のこと。
  • *2 無線式コントローラーおよび専用アプリは、日本、アメリカ、カナダ、EU諸国、タイでの販売を予定。

ミネベアミツミ製 Wavy Nozzle 2

画像:本体

本体

画像:コントローラー

コントローラー

価格

お問い合わせください。

製品仕様

サイズ 噴出ユニットサイズ(mm) D 70 W 146 H 50
制御基板サイズ(mm) D100 W 145(分割式)H 21.4
無線ユニットサイズ(mm) D 70 W 110 H 40 ケーブル長さ:5,000
接続ケーブル(噴出ユニット⇔制御基板)(mm) 6,000
電源 定格電源電圧 24V DC ±10%
最小起動消費電流 0.8A
定格消費電流 0.45A
動作 動作温度範囲 0℃~+50℃
動作湿度範囲 85%RH以下
動作モード 3モード(FIX、SWEEP、KICK)
ノズル動作範囲 75カウント(1カウント=約1.8°)
動作最大記憶数 99
動作呼び出し数 Mコード制御(1対1モード) 5
Mコード制御(5 bitモード) 31
シリアル通信 99
Mコード動作指令信号 5系統
吐出バルブ制御信号入力 1系統
吐出バルブ制御信号出力 1系統
シリアル通信入力 1系統
アラーム信号出力 1系統
シグナルタワー信号入力 3系統
カウンター信号入力 2系統
汎用入力信号 1系統
汎用出力信号 1系統
その他 接続可能なポンプ仕様 理論吐出量 22リットル/分
最大吐出圧 4 MPa
使用推奨切削油 JIS K2241:2000で定めるN1種~N3種までの油性切削油、およびA1種~A2種までの水溶性切削油

オプション:制御基板分割が可能となり大型加工機への装着も可能に!

制御基板をシステム制御基板とモータードライバー基板とに分割し、基板間のケーブルを延長することにより従来タイプでは長さが不足する大型機械への装着が可能になりました。

  • 「Wavy Nozzle」及び「ウェイビーノズル」は、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。
    日本登録商標番号:第5645210号、第5645226号。
  • 国内外に44件の特許・実用新案を出願中。(内、登録21件)(2017年2月現在)

関連情報

以上

販売・取り扱いについてのお問合わせ先 PMA製品販売統括
Phone 03-6758-6727 FAX 03-6758-6760
報道関係お問い合わせ先 広報室
Phone 03-6758-6703 FAX 03-6758-6718
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る