2013年

2013年5月9日

画像:FASFマーク

ミネベア株式会社

韓国KJ Pretech Co., Ltd.との業務・資本提携に関するお知らせ

ミネベア株式会社(以下、「ミネベア」)は、平成25年5月9日開催の取締役会において、液晶用バックライトユニット、精密成型部品、金型の製造販売を行っている韓国企業のKJ Pretech Co., Ltd.(以下、「KJP社」)との間で、下記のとおり業務・資本提携を行うことを決議し、関連契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

1. 業務・資本提携の目的

ミネベアは主力製品のひとつであるスマートフォン、携帯電話等に使用される中小型液晶用バックライトの事業拡大及び世界市場における競争力の更なる向上を目指し、KJP社との戦略的提携関係を構築するための関連契約を締結いたしました。

KJP社は、1994年に韓国で設立され、韓国KOSDAQ市場に上場しております。同社は中国山東省煙台市及び広東省恵州市に製造拠点を持ち、液晶用バックライトの製造において、高品質な製品を製造可能とする自動機技術を保有すると共に、先進的な金型技術を保有し、品質・技術力・供給力の面で高い競争力を生み出しております。

ミネベアは、今回の業務・資本提携により韓国を代表する液晶用バックライトメーカーであるKJP社と強固な関係を構築し、品質・技術力・供給力の更なる向上を達成することにより競争力を高め、激しい競争が展開されるバックライト業界でのマーケットリーダーの地歩を着実に固め、今後の成長と収益性の向上を実現して参ります。

2. 業務・資本提携の概要

ミネベアはKJP社との間で、液晶用バックライト分野を中心に、生産委託、技術協力、金型供給、部品購入の分野で業務提携いたします。また、ミネベアは、KJP社が第三者割当により発行する新株を引受け、資本提携する予定です。なお、今後、KJP社もミネベアの株式を取得する予定です。

3. KJP社の概要

(1)商号 KJ Pretech Co., Ltd.
(2)本店所在地 594-1 Panwol-ri, Taean-eup, Hwaseong-si, Kyunggi-do, Korea
(3)代表者 Hong Jun Ki(CEO)
(4)設立年月 1994年10月
(5)資本金 70億韓国ウォン(6.2億円*)(2012年12月期)
(6)従業員数(連結) 1,100人
(7)主な事業内容 液晶用バックライトユニット、精密成型部品、金型の製造販売
(8)主要工場所在地 中国(山東省煙台市・広東省恵州市)
(9)ミネベアとの関係 資本関係、人的関係等はありません

*為替レート: KRW1.00=JPY0.0889

4. 日程

取締役会決議 平成25年5月9日
業務提携契約締結 平成25年5月9日
新株引受契約締結 平成25年5月9日

5. 今後の見通し

本件の業務・資本提携が当社の連結業績に与える影響は軽微であります。

以上

会社名 ミネベア株式会社
代表者名 代表取締役 社長執行役員 貝沼 由久
(コード番号 6479 東証第1部)
問合せ先 広報室長 小峯 康生
(TEL: 03-6758-6703)
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る