2008年

2008年6月27日

画像:FASFマーク

ミネベア株式会社

投資単位の引下げに関する考え方及び方針等について

1. 投資単位の引下げに関する考え方

当社は、資本市場における個人投資家の参加促進が、資本市場の活性化及び当社株式の長期的かつ安定的な保有促進の観点からも重要であると認識しており、会社情報の積極的かつ適正な開示を通じて会社の実情をお伝えすることを基本として、日々のIR活動を行っております。

投資単位の引下げは、個人投資家の資本市場への参加を促進し、株式の流動性を高める有効な施策のひとつであると考えておりますが、現状での当社株価の水準、株主数及び個人投資家の分布状況、市場における当社株式の流動性などを勘案した結果、投資単位の引下げについては、引続き検討が必要と考えております。

2. 投資単位の引下げに関する方針

今後、資本市場における個人株主の動向や当社株価の推移を総合的に勘案すると同時に、2007年11月27日に全国の各証券取引所から公表された「売買単位の集約に向けた行動計画」等も踏まえ、引続きその要否について検討してまいります。

以上

会社名 ミネベア株式会社
代表者名 代表取締役 社長執行役員 山岸 孝行
(コード番号 6479 東証第1部)
問合せ先 専務執行役員 管理本部副本部長 屋代 榮
(TEL: 03-5434-8611)
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube