2004年

2004年4月26日

ミネベア株式会社

子会社の清算及び平成16年3月期業績修正に関するお知らせ

当社は、平成16年4月26日開催の取締役会において、下記のとおり当社の子会社4社を清算することを決議いたしました。また、あわせてシンガポール販売現地法人の事業再編に伴いミネベア株式会社単体の業績予想を修正いたしますので、お知らせいたします。


I.子会社の清算

1.清算に至った経緯

(1) ミネベア音響株式会社
同社は、ミネベアグループのスピーカー製品の開発・製造を行うため1991年7月に設立されました。
その後、スピーカー事業の不振から業績が悪化し、度重なる財務的支援を行ってまいりましたが、改善の目途が立たず、2003年6月にグループのスピーカー事業存続のため、ミネベア株式会社へ事業移管を行いました。今回、その役目を終了したことから、ミネベア音響株式会社の清算を決定いたしました。

(2) エヌ・エム・ビー音響株式会社
同社は、ミネベア音響株式会社の親会社でありますが、今回ミネベア音響株式会社の清算を決定したことに伴い、当初の目的を終了しましたので清算する事を決定いたしました。

(3) NMB F.T.Inc.
同社は、1999年5月に米国の売掛債権証券化のための特別目的会社として設立されました。その後、証券化の必要性がなくなったため同社を清算する事を決定いたしました。

(4) NMB Trading Pte.Ltd.
同社は、1984年5月に設立され、シンガポールにおける当社子会社の資金調達会社として機能しておりましたが、子会社各社が当社及び金融機関から直接借入を行うよう調達方法を変更したため、その役目を終了したことから、同社を清算する事を決定いたしました。

2.清算会社の概要

(1)ミネベア音響株式会社 (2)エヌ・エム・ビー音響株式会社
・所在地 日本国・東京都 日本国・東京都
・代表者 深渡瀬 俊史 深渡瀬 俊史
・資本の額 481百万円 480百万円
・主な株主構成 当社100%間接所有 当社100%直接所有
・事業内容 スピーカーの開発・製造 株式の保有
・清算予定 平成16年12月末 平成16年12月末

(3)NMB F.T.Inc. (4)NMB Trading Pte.Ltd.
・所在地 米国・デラウェア州 シンガポール
・代表者 山中 雅義 依田 博実
・資本の額 US 10ドル シンガポール・ドル 15,000千
・主な株主構成 当社100%間接所有 当社97.6%直接所有、2.4%間接所有
・事業内容 売掛債権証券化 資金調達及び貸付
・清算予定 平成16年6月末 平成16年7月末

3.今後の見通し

本件(1)、(2)にかかる各社の損失は過年度の決算に織込み済みで、当期(平成16年3月期)の業績予想に与える影響はありません。 (3)も当期の業績予想に与える影響はありません。また(4)については、平成17年3月期単体業績で100百万円、連結業績で129百万円の特別損失の発生が見込まれます。


II.業績修正

ミネベア株式会社の単体業績は、シンガポール販売現地法人であるMinebea Technologies Pte.Ltd.の事業再編に伴い、関係会社株式評価損等の特別損失7,463百万円の発生が見込まれます。 このため、平成15年11月13日に公表しました平成16年3月期の業績予想につきまして下記の通り修正します。
尚、連結業績への影響はありません。


平成16年3月期通期単体業績予想数値の修正(平成15年4月1日から平成16年3月31日)

(単位:百万円、%)

売 上 高 経常利益 当期純利益
前回発表数値(A) 179,500 12,000 4,800
今回修正予想(B) 185,105 13,343 2,266
増 減 額(B-A) 5,605 1,343 △2,534
増減率 3.1% 11.2% △52.8%
前期実績(平成15年3月期) 162,952 11,062 1,227

注) 本業績予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであります。実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります。

以上

会社名: ミネベア株式会社
代表者名: 代表取締役 社長執行役員
山本次男
(コード番号 6479 東証第1部 )
問合せ先: 常務執行役員 経理資金担当
山口 喬
(TEL: 03-5434-8611 )
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube