2004年

2004年10月19日

ミネベア株式会社

ミネベア株式会社が2種類のバックライトを発表

当社ミネベアは、中型白色LED光源及びRGB-LED光源を使用した新型バックライトの開発に成功致しました。その詳細は、明日2004年10月20日からパシフィコ横浜で開催されるFPD International 2004で発表の予定です。

近年FPD(フラット パネル ディスプレイ)の発展は著しく、携帯電話から大型テレビまでその活躍の範囲を広げております。このFPDの発展を支える重要なパーツが、バックライトです。

ミネベアは、これまで携帯電話、デジタルスチルカメラ、PDAなど白色LEDを使用したモバイル製品用バックライトの開発、生産をおこなって参りましたが、今回、開発に成功したバックライトは、中型白色LED光源バックライトとRGB-LED光源バックライトの2点です。

これらの新型バックライトは、ミネベア独自の光学設計技術・金型の精密加工技術・高精度射出成形技術などを総合して開発したものであり、以下の通り優れた性能を有しております。

中型白色LED光源バックライト

6-10インチ程度の中型液晶モジュールは、従来、冷陰極管(CCFL管)を光源として製品化されておりましたが、この度ミネベアが開発した中型白色LED光源バックライトは、ミネベア独自の光学設計手法により高輝度・高効率を実現しております。

新型バックライトは、LEDの特性からCCFL管バックライトにはない広範囲にわたる連続可変調光を可能にしていると共に、ミネベア独自の放熱設計技術によりLEDの放熱効率が大幅に向上し、低消費電力化と長寿命化が実現されています。また、CCFL管は、人体に有害な水銀を含んでおりますが、新型LED光源バックライトは、鉛フリー化に加え、LEDを光源としたことで水銀フリー化も達成しており、環境に配慮した製品になっております。

<標準仕様>

表示エリア: 8インチ (176mm x 106mm)
バックライト外形: 185mm x 111mm x 7mm
平均輝度: 9,000cd/m2 以上
輝度均一性(注1): 80% 以上
消費電力: 6.8W typ

RGB光源バックライト

RGB3色のLEDを光源とし、独自の光学設計技術を駆使した結果、色再現範囲を大幅に広げた高輝度、高効率のバックライトをモバイルサイズ(1.5inch--)から中型サイズ(--7.2inch)まで可能にしました。

また、独自の回路設計技術により、白色補正機能を備えることも可能です。さらにLEDの駆動も電流制御のほかにPWM制御(注2)にも対応します。これらはフィールドシーケンシャル方式(注3)の液晶表示装置にも対応可能です。

併せて、中型白色LEDバックライトで培った技術を応用し、長寿命化・低消費電力化・水銀フリー化・鉛フリー化も達成しております。

<参考仕様>

表示エリア: 7.2インチ (148mm x 106mm)
バックライト外形: 185mm x 111mm x 7mm
平均輝度: 6,000cd/m2 以上
輝度均一性: 80% 以上
NTSC比(注4): 100%以上 (バックライト単体)
消費電力: 5.5W typ

ミネベアは、これら2種類の新型バックライトを加えたバックライト群の他に、現在TV、PCモニターなどに適用できる大型バックライトの開発に取り組んでおり、順次市場投入を図る予定でおります。

以上

【お問い合わせ先】
ミネベア株式会社
総合企画部 広報・IR室

広報担当:石河 正樹(いしかわ まさき)

〒153-8662 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19階
電話:03-5434-8637 FAX:03-5434-8607
E-mail:mishikaw@minebea.co.jp
URL:http://www.minebea.co.jp/




(注1) 輝度均一性 :発光面内の輝度の最大値と最小値の比
(注2) PWM制御 :パルス幅変調(pulse Width Modulation)方式を利用したLEDの制御調光方式
(注3) フィールドシーケンシャル方式 : カラーフィルターを使用しない液晶モジュールで、赤・緑・青の3色の光を高速順次点灯することにより色を表現する方式
(注4) NTSC比 : NTSCとはNational Television System Committeeの略。カラーテレビの放送方式の一つ。 NTSC比 ××%とは、このNTSC規格で規定されているXY色度域に対する色再現範囲を面積比で表したものです。

製品の写真

中型白色LEDバックライト
中型白色LEDバックライト
RGB光源バックライト
RGB光源バックライト
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube