質疑応答要旨

更新日: 2017年2月15日

投資家説明会(2017年3月期)に戻る

2017年3月期 第3四半期決算電話会議(2017年2月13日)

注:内容につきましては、理解し易いように部分的に加筆・修正してあります。

ご質問

ご質問と回答

ミツミ電機の在庫評価減は、全般にわたって厳しく見直した結果です。金額的に大きな部分は、OISやVCMといったスマホ向けカメラアクチュエーターの光デバイス関係です。減損についても、全事業を対象におこない、金額的に大きな部分は光デバイス関係です。
ミツミ電機との統合を発表してから、当初は初年度に50億円の営業利益を単月ベースで出すこと、つまり月4億円の営業利益を何回か出すことができれば、という目標を持っていました。持続可能かという意味では、今現在では、単月ベースではなく通期合計で達成は可能だと考えています。5月の決算発表ではより詳しくご説明させて頂きたいと思います。現時点の手ごたえとしては、来期のミツミ事業の営業利益は保守的に見ても50億円以上出るだろうと考えています。
LEDバックライトの4Qは、前期比で為替が円高と想定している影響があるものの、前期より若干良い予想を入れています。
主にセンシングデバイスとLEDバックライトを中心とする電子デバイスの損益を固めに見直しています。
慎重ということに加えて、4Qについては在庫調整があるためその分の生産とのギャップを固めに見ました。
これまでも、1株当たりの計算では自社株は控除して発表しています。今回の自社株を買い入れ後に消却するかどうかなどの具体的な方策はまだ決めていませんが、今回も1株当たりの利益などの数値は控除して従来通り継続して開示します。
単に会計上のテクニカルな理由です。但し、ミツミ電機の業績については、思ったよりも良い手ごたえが得られており、連結後の4Qでも利益貢献する見込みです。
これから設備を入れるため、来月からすぐ増産できるという意味ではありません。おそらく来期の2Qの終わりころから徐々に増産ができると考えています。4Qの需要は特に外販が強いですが、逆に供給しきれないという問題が出てきており、3Qよりも数量は少し落ちる見込みです。内販も、3Qより数量は若干調整せざるを得ないと考えています。
1月末から2月が旧正月、2月は日数が少ないこともあり、生産はそれほど上がりません。したがって、受注をある程度調整せざるを得ません。
そうです。
ゲーム機器の季節性は致し方ありません。発売日が近付けば需要があるのは確かで、季節性がなく満遍なく出ていくというのは正直に言うと苦しいと思います。山、谷があるかもしれません。押し並べて、私どもはいま業容を拡大してきていて、様々な事業がアップダウンを吸収し合っていくという好ましい状況になってきていると考えます。
1月は連結されていませんが、今回は決算発表が後ろ倒しになったため現時点で1月の実績は出ています。ヒントとしては、未実現利益を控除しない内部管理上の数字でいうと、営業利益は2社合わせて70億円近く出ています。細かい内訳はご想像ください。
幅広い業績改善活動、支援活動をしており、それには生産性などもありますが、私から見た感じでは、大局的には従業員の利益に対する執着心が格段に変わってきたということで、ご説明できるように思います。新たな考え、新たなやり方をきちんとミツミ電機に導入することで、ミネベアがやってきているようなやり方や考え方が徐々に浸透しているように考えます。
カメラアクチュエーターの光デバイスについては、私は7月以降毎月フィリピンのセブ工場に行っていて、先程の観点から現場は変わってきているように思います。数量は今後も増えていくと聞いていますし、それに向けて準備もしていますのであまり大きな心配はしていません。したがって来期は収益貢献できると思っています。
LEDバックライトは、本日現在の情報では、来期の数量はそれほど落ちないのではないかという見方もあります。しかし、今期は正直なところ歩留まりが悪かったということがあります。設計の公差などが厳しくて思う通りにいかなかったので、来期はこれをレッスンにして仮に数量が減ってもきちんとした利益を上げられるようにしたいと思います。来期については、本日現在のところでは大きな数量の落ち込みを警戒していません。5月の段階で皆様にお話しすることがあればお話ししますが、来期は従来通りというか、今期並みの利益を確保できるであろうと、本日時点では思っています。
新型ゲーム機器など様々な要素があります。減損についても光デバイスを中心に行ったこともあり、これらを含めて業績が良くなってくると思います。ただ、光デバイスは、季節性という意味では2月、3月は底のレベルなので、規模としてはそこまで大きくありませんが、当然利益貢献はしてくるとご理解ください。
資材費も下がりました。物流費も下がりました。生産性も上がりました。今回は皆様がわかりやすいようにミツミ事業というひとくくりで旧ミツミ電機を見て頂くという方針にしています。ただし、こまかい要因分解は、株主共通の利益のためにあまりご説明しないという判断をしていますので、控えさせていただきたいと思います。
物流では、全ての拠点間、あるいはお客様との間を両社で比較して安いほうに寄せる作業が完了しました。資材についても共通購買で同じモノを買っている場合は安いほうに寄せています。業者様も、経営統合によって売上高7,000億円以上の規模の会社になるわけですので、それに対する期待としてのご対応を頂けたと認識しています。
モノにもよりますが、5月に具体的にご説明させて頂きます。
それで結構です。在庫評価減については、いままであまりにも為替による在庫評価の振れが大きかったため、一定の効果があるだろうと考えます。今回の利益改善が、在庫の評価減で直接出てきたというものではありません。
5月に詳しくお話ししますが、私流に話すと、ミツミ電機には噛めば噛むほど味が出る製品ポートフォリオがあります。利益率の低い製品は縮小していきたいと考えますが、いまの時点でそこのメリハリを効かせているというよりは、先程のいろいろな事項の改善をおこなった効果が出ていると、ご理解ください。
ボールベアリングは非常に好調で、12月も外販が1億8千万個に近いレベルで驚異的な数字です。トレンドとして少なくはならず、むしろ増えていってしまうので、在庫すらなくなるのではないかという危機感があります。それで今回の設備投資を決めました。
その通りの状況であり、特に新しいアプリケーションが入ってきたからということではなく、順調に自動車向けも伸びて、高級ボールベアリングへの需要が高まっています。それに対して我々もご期待にこたえなければならないと考えています。
収益性の改善は進めなければならず、選択受注を始めています。お客様にお願いして低価格のものをできるだけ数量を減らして頂いているというのが実情です。為替もトランプ大統領以降、円安水準が一段と高まっており、着実にボールベアリングの単価は上がってきています。たまたま1月は旧正月があり数量は減少しましたが、単価は上がっているので、もう少し様子を見させて頂きたいと思います。お客様の生産ラインを止めるわけにはいきませんので、時間はかかりますが、改善はできると確信しています。
私も自分が中に踏み込んでいなかったこともありますが、皆様もゲーム機器なんて儲かるのか、という考えもあったと思います。しかし、良く見ると、ゲーム機器の中に様々な技術が入っていて、ミツミ電機はそういう技術を自分たちできちんと持っています。これが面白くて、どんな方向性でやっていくのかはゲーム機器をやっているからこそチャンスもでてくる、そのようなものが様々ありました。いまの私の考えは、ゲーム機器については180度変わっています。半導体についても180度変わっています。詳しくは5月にご説明させて頂きます。
基本的にはその通りです。皆様をミスリードしたくないので、今日のところはご説明は時期尚早と考えています。私の性格ですから、当然もっと上を狙っています。
新型ゲーム機器用に在庫を積み増している分が12月にあります。これは3月から順次出荷する在庫です。
3月からの出荷に備えて有償支給分の在庫を積んでいます。
いまの増加分はそうです。
会計的に基準が変わっているわけではありません。統合前に非常に厳しく見直したとご理解ください。将来的に見込める受注を厳しく見るなど、様々な要素をすべて厳しく見るとこういうふうになります。
来期の話は時期尚早なので5月にさせていただきますが、今日現在ではその通りです。中身の入り繰りはありますが、中国でも結構また引き合いを頂いていて、増えていく見込みです。
ご想像の通りだと思います。
今は緊急の業績改善支援が一段落したところです。いま何をやっているかというと、将来、何をどのように開発し、参入し、改良していくかに集中しています。先日もミツミ電機の経営陣で2日間合宿して議論しましたが、それが明確になった段階で本当に拠点をどうするかが、次の第3ステップだと思っています。いつもそうしていますが、ある程度の余力やスペースが必要です。米国のトランプ政権誕生以降、貿易摩擦も言われており、見極めもしなければなりません。拠点の問題はもう少し時間をかけてやるべきで、そのくらいの余裕が出てきたとご理解ください。
10月は外販が1億7,700万個、内販が7,900万個、生産が2億4,500万個、11月は外販が1億8,000万個、内販が8,500万個、生産が2億5,600万個、12月は外販が1億8,000万個、内販が8,000万個、生産が2億5,000万個でした。ピボットアッセンブリーは、10月が3,100万個、11月が3,200万個、12月が3,000万個でした。

ページの先頭へ戻る