2015年

2015年8月31日

画像:FASFマーク

ミネベア株式会社

ミネベア 外径1.5mmボールベアリングが、世界最小の量産可能なスチール製ボールベアリングとしてギネス世界記録™に認定されました

ミネベア株式会社(以下ミネベア)が製造する外径1.5mmのスチール製ボールベアリングが、2015年8月28日、世界最小の量産可能なボールベアリングとしてギネス世界記録に認定されました。この記録は、現在世界における量産可能なスチール製ボールベアリングの中で最小サイズであると言う事を認定されたものです。同日、代表取締役社長執行役員貝沼由久、専務取締役執行役員矢島裕孝、軽井沢工場製造部で1.5mmボールベアリングの製造に携わったメンバーが、ギネスワールドレコーズ日本支社代表小川エリカ氏より世界一の認定証を受領いたしました。
(正式記録名:Smallest commercially available steel ball bearing 認定記録:ベアリング外径1.4978mm)

認定証の授与をうけて、社長の貝沼は、「当社の原点であるミニチュアボールベアリングが、世界最小の量産可能なスチール製ボールベアリングとしてギネス世界記録に認定され、大変嬉しく思っております。この栄えある記録を実現できたのも、今日ここにいる技術者をはじめ、関係者一同のたゆまぬ情熱があったからこそと思っています。私どものスローガン、『Passion to Exceed Precision 精密を超える情熱』は2つの意味があります。一つは精密を超える『超精密』への情熱、もう一つは精密にこだわらずに新しい分野に進出する情熱です。今回の認定では、前者を体現することができました。今後も、皆様のお役に立つ製品を生み出していくよう、より一層の努力をしてまいります。」とコメントいたしました。

また軽井沢工場で製造に携わったメンバーたちは、「ボールベアリングの外径は一つ一つ削り、丁寧に最終工程で組立て、チーム一丸で作ってきました。普段目にすることのないベアリングが、こうして世の中に目に見える形で認められ、とても嬉しいです。当初はまだ世の中に市場のないサイズにチャレンジし、現在ではお客様の使用も始まっています。チャレンジに無駄なことはなく、やればできるということを実感しました」と認定を喜びあいました。

画像:認定証をもつ右手がギネスワールドレコーズ日本支社代表小川氏、中央が当社代表取締役社長 貝沼、左手が軽井沢工場製造部メンバー

認定証をもつ右手がギネスワールドレコーズ日本支社代表小川氏、
中央が当社代表取締役社長 貝沼、左手が軽井沢工場製造部メンバー

挑戦の背景

ミネベアは、1951年、日本ミネチュアベアリング株式会社として日本で初めてミニチュアボールベアリングを製造販売する会社として東京都で設立いたしました。当初から小さなサイズのボールベアリングを得意としており、世の中の様々な製品の軽薄短小のトレンドにも合致した事から、今日では外径22mm(JIS型番608)以下の極小ベアリングの市場に於いて60%を越えるシェアを持っております。(自社調べ)

この世界最小サイズのボールベアリングは、世界に向けてこの極小サイズボールベアリングを大量供給する中で、超精密部品量産メーカーの技術を証明する為に、世界で一番小さいボールベアリングを「量産」と言う枠の中で作ろうという情熱から生まれました。2009年、当時最小とされていた外径2mmのボールベアリングの壁を打ち破り、量産化に成功いたしました。
このボールベアリングには、外径1.5mm、内径0.5mm、幅0.65mmの中にボールが6個とそれを支えるリテーナーが入っております。小さくても、精度は日本工業規格(JIS)に準拠していなくてはなりません。また、量産ができなければ精密部品メーカーとしての使命を果たす事になりません。これらの相反する課題をひとつずつ解決することで、ようやく量産可能な極小軸受を生産する事が可能となりました。

ミネベアは今後、この世界記録を生み出す源泉となった超精密技術を核に、社会の皆様に役立つ製品を生み出してまいります。

1.5mmボールベアリングの製品用途

ギネス世界記録に認定されたボールベアリングは、日本の最高峰機械式腕時計の中に搭載されているトゥールビヨン機構に採用されております。今まで、ルビーなどの宝石を使って繊細な軸を支えていた機械式腕時計の中でも設計と製造が一番難しいと言われるトゥールビヨン機構に初めてこの小さなボールベアリングを採用して戴きました。この事例は、スイスにおける独立時計師達の間でも話題になり、今後新しい引き合いや、使用用途の拡大が期待できる極小ボールベアリングの新市場です。

ギネスワールドレコーズジャパン 『匠ニッポン』第1号に認定

また、ギネスワールドレコーズ日本支社の新規プロジェクト、「匠ニッポンプロジェクト」において、第1号として当社のボールベアリングを認定していただき、日本の工業技術の高さを世界中に知らしめることができました。
『匠ニッポン』とは、日本の技術者、研究者、職人たちのあくなき探究心・挑戦心を刺激し、その力を世界に発信することを応援するギネスワールドレコーズジャパンのプロジェクトです。

匠ニッポン ウェブサイト http://www.guinnessworldrecords.jp/Campaigns/takumi/新しいウィンドウで開く

画像:ギネス世界記録 レコードホルダーロゴ画像:匠ニッポンロゴ
画像:1.5mmベアリングイメージ写真

1.5mmベアリングイメージ写真

ミネベアの概要

(1)名称 ミネベア株式会社
(2)本店所在地 長野県北佐久郡御代田町大字御代田4106番地73
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 社長執行役員 貝沼 由久
(4)事業内容 ベアリングなどの機械加工品事業、電子デバイス、小型モーターなどの電子機器事業
(5)資本金 68,258百万円(2015年3月末現在)
(6)設立 1951年7月
(7)決算期 3月31日
(8)大株主及び持株比率 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口):7.64%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口):5.51%
公益財団法人高橋産業経済研究財団:4.08%
(2015年3月末現在)
(9)純資産(連結) 233,679百万円(2015年3月末現在)
(10)総資産(連結) 490,043百万円(2015年3月末現在)
(11)売上高(連結) 500,676百万円(2015年3月期)
(12)従業員数 単体:3,853名(2015年6月末現在)
連結:67,466名(2015年6月末現在)

※ギネス世界記録™はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

以上

販売お問合わせ先 製品販売統括部 ベアリング統括部
http://www.eminebea.com/jp/新しいウィンドウで開く
報道関係お問い合わせ先 広報室
Phone: 03-6758-6703 FAX: 03-6758-6718
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、製品情報、問い合わせ先などが変更になっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

プレスリリース一覧 に戻る

ページの先頭へ戻る