新型コロナウイルスの感染拡大に伴う当社グループの対応について

このたび新型コロナウイルスに罹患された方々の一日も早いご快復をお祈り申し上げますとともに、感染拡大により困難な状況におられる皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

ミネベアミツミはこのたび、感染症や火山噴火などの災害対策として各地で備蓄しておりましたN95マスク約15万枚をはじめ、ゴーグル、フェイスガード、ニトリルグローブなどの医療用アイテムを、工場・事業所が所在しており、日頃より当社の企業活動、とりわけ従業員の健康面においてご対応いただいております国内外の医療機関などの皆様と、東南アジアの当社事業進出国政府に寄贈いたしましたことをご報告申しあげます。
本件に関しましては、様々な医療機関より、多大なご評価をいただきました。ミネベアミツミは、今後も最前線でコロナウイルスの治療に携わられる皆様に心からの敬意を表するとともに、感染拡大防止に必要な支援を続けてまいります。

寄付を実施した主な拠点:

国内拠点: 東京本部、軽井沢工場、松井田工場、浜松工場、藤沢工場、米子工場、ミツミ電機本社(東京都多摩市)、厚木事業所、山形事業所、
秋田事業所、千歳事業所、九州事業所、ユーシン広島工場、ユーシン浜松工場
海外拠点: アメリカ(ニューハンプシャー州、カリフォルニア州、インディアナ州)、ブラジル、メキシコ、ドイツ、イギリス、フランス、
スペイン、ハンガリー、タイ、フィリピン、カンボジア、マレーシア

また、この4月1日からは、今後の安全操業を目的として、約10万人の従業員などに配布するためマスクの自社生産を開始いたしました(日産20万枚を目指します)。

全世界で新型コロナウイルス感染が拡大するなか、当社グループでは、子会社(株)ユーシンの工場が、欧州の一部地域で、現地政府・自治体の要請に基づく生産調整をしておりますが、それ以外の日本を含むアジア及び欧米の全世界の拠点において、一部地域の限定稼働を除き、通常稼働を行っております。

当社では、医療分野において、人工呼吸器や人工心肺装置などの様々な医療機器に、ベアリング、各種モーター、センサー、電源、半導体、コネクタなどを供給しており、高まるニーズに対して、万全の供給体制を整え、最優先の稼働を行ってまいります。

今後も社外への感染被害抑止及び社員の安全確保に取り組むとともに、生産・営業活動を含む事業活動全般において、部品メーカーとして供給責任を果たしてまいります。

報道関係お問い合わせ先 ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703 E-mail: koffice@minebeamitsumi.com

ページの先頭へ戻る

Follow Us

Twitter Youtube