質疑応答要旨

更新日: 2018年2月9日

投資家説明会(2018年3月期)に戻る

2018年3月期 第3四半期決算電話会議(2018年2月7日)

注:内容につきましては、理解し易いように部分的に加筆・修正してあります。

ご質問

ご質問と回答

エレクトロデバイスの4Qの売上計画は437億円と、季節調整による減少があると想定しています。来期については、顧客との守秘義務によりご説明できる内容が限られますが、スライド18の通り堅調な需要を見込んでいます。液晶か有機ELかという議論については、コメントは差し控えさせていただきます。
モーターは非常に堅調に推移していきます。センシングデバイスは少し苦戦していますが、生産性の改善が進んで利益が出てくる見込みです。また、お客様との関わりで一部費用の調整を入れているという部分があります。
はい。
そのように想定しています。
詳細は5月の決算説明会でご説明させていただきます。大きなトレンドとしては、昨年11月の2Q決算説明会でご案内した今後の成長のイメージがあります。基本的にこの見方はいまも変わらず、足元では更に力強く実績が積み上がってきています。1月の外販が非常に強く、生産体制も整ってきているのは、ご案内の通りです。また、80億円の増産設備についても、稼働開始の準備をしています。
基本的に全ての製品において生産性が改善し、収益性が大きく切り上がっています。ただ、その中でも2Qと3Qの対比で大きなドライバーとなったのは、ゲーム機器を含む機構部品事業です。ただし、他の製品でもきちんと力強い増益となっています。
光デバイスの3Qは、一部4Qに後ろ倒しとなる部分があり、若干ですが計画には達しませんでした。ただし、前四半期比でしっかり増益となっており、ミツミ事業全体の増益に貢献しています。
後者です。基本的に直近の状況や旧正月等の季節要因を織り込んでいます。また、スマホについては一部生産状況の変化を考慮しています。
ゲーム関連については、来期は期初から力強い生産をスタートさせる見込みです。ただし4Qについては、旧正月等の季節要因で稼働日数が減少します。
ボールベアリングの外販数量は、10~12月はそれぞれ百万個単位で188、198、193でした。同様に内販数量は82、75、73でした。同様に生産数量は270、273、276でした。ピボットアッセンブリーは、同様に販売数量は28、29、25でした。同様に生産数量は25、25、25でした。
OISを含めた光デバイス事業の生産性については、従来からご説明させて頂いている通り、経営統合以降、大きく改善しています。ただし、シェアの割り振りについては弊社では存じ上げません。3Qは、サプライチェーンの生産立ち上げや在庫の関係で、弊社の取り込みが多少前後した状況もあり、出荷が少なかったと認識しています。ただし、2Qに続いてきちんと生産・出荷しており、収益についても2Qより改善しています。
3Q~4Qという期間では、そのようなことになっていくと認識しています。
先のご説明の通り、立ち上げの状況、在庫の状況、途中のサプライチェーンの状況から、当社が想定していたより3Qとしては納入が少なかったと認識しています。
全く変化がありません。現時点で、来期に向けてマイナス要因と認識しているものや、想定と異なっているものはありません。90億円を更に上積みできる状況にあり、来期の見通しを見極めていきたいと考えます。
特定顧客についてのコメントは差し控えさせていただきますが、LEDバックライト全体でいうと、来期についてもきちんとした事業ができると考えています。
前四半期比で、売上は増加しています。在庫については、サプライチェーン全体の状況は存じ上げませんが、弊社の在庫が大きく増えていて、期末に向けてうまく消化できない、あるいは来期に影響を残す、というものではありません。
全社の在庫については、先のご説明の通り前四半期末から減少しています。それほど大きな在庫が光デバイスから出ている、というものではありません。
まず、弊社の事業領域である市場の特性上、保守的にせざるを得ない部分があります。その他、旧正月による稼働日数の事情や、為替前提の見直し等を総合的に勘案しました。
4Qの売上は減少すると見込んでいますが、3Qからの一部売上のずれ込みにより、大きく減少するかというと、そうではないと想定しています。
顧客との守秘義務のため、詳細のご説明は差し控えさせていただきます。この事業をしていく中で、例えばスペックの決定など様々な難しさがあります。それを最終的に当該期間の中できちんと損益の中に認識していく、とご理解ください。
3Qだけではなく、通期の中で発生したそのような費用が4Qに調整されるということです。
コメントは差し控えさせて頂きます。

ページの先頭へ戻る