質疑応答要旨

更新日: 2015年5月12日

投資家説明会(2015年3月期)に戻る

2015年3月期 決算説明会(2015年5月8日)

注:内容につきましては、理解し易いように部分的に加筆・修正してあります。

ご質問

ご質問と回答

概算ですが、エレクトロデバイスの約1,000億円の売上増加のうち、新たなアッセンブリー部分が約500億円、従来型LEDバックライトの伸びが約500億円です。アッセンブリー部分には付加価値は余り有りません。
ミネベアのアッセンブリー部分はどこよりも効率的な自動機で組み立てることになると自負しています。これが他のスマホメーカーにも波及するかどうかは現時点では不明です。残念ながら守秘義務契約があるため、今回の製造組み立ては特定の顧客からのご依頼である、ということ以上はお話しできません。
スマホ関連の一部アッセンブリーを伴う事業の売上は6月以降に発生します。ピークは3Qになるため、電子機器セグメントの売上はこのタイミングで大きくなりますが、付加価値が余り高くない部分の売上が増えるため、下半期での営業利益の伸び率は前期ほど高くは計画していません。従来型のLEDバックライト売上は、4-6月はおとなしいですが、昨年よりは多く生産しています。前期と同じようなカーブを今期も描いて売上が伸びると想定していますので、これが昨年同様に下半期の営業利益の大きな増加要因になります。加えて、ザルトリウスMTHなども後半からシナジーが少しずつ出てくると想定しているため、下半期の営業利益は上半期より大きい計画になっています。
確かに外販月平均1億8,000万個との目標を設定しました。また近いうちに単月で外販1億6,000万個という見込み数字がある一方で、内販の主力であるHDD用ピボットアッセンブリー向けの販売数量は少しずつ減っていくことが想定されます。つまり外販が月平均1億8,000万個になったらすぐ生産能力一杯になってしまうかどうかの見極めを、これから3年間でやりながら新工場の建設に遅滞なく取り掛かりたいと思います。今年いっぱいは、そのトレンドを見極めなければならないと考えています。
そう考えています。
そのとおりです。
タイの国外になることは間違いありません。これ以上タイでボールベアリングの生産能力を増やすことは99%無いと考えます。
この前の新工場は土地が既に購入済みでしたが、最終的には350億円程度かけることになります。次回も同程度の規模の工場を建てることになれば、それなりの投資が必要になると考えます。
これは大きなチャレンジですが、製造コストを下げて積極的に市場シェアを取っていきたいと思います。競争相手の多くは米国企業で確実に弊社より高コスト体質とみられ、しかも弊社には地の利があります。様々な機械加工品事業のなかでも、競争相手が米国企業で、負けているとまでいかないにしても互角にやっているのは、この分野くらいではないでしょうか。我々のやり方を根底から見直して積極的に取りにいきます。
本格的には7月からを想定しています。4-6月は引き続き旧モデル向けの生産が含まれますが、新モデル向けはほとんど入っていません。
入っていません。4つ目の「LEDバックライトの大幅増加」の方です。
そのようなイメージです。
現段階ではそのようなことは全くありません。顧客と一緒に考えながら製造ラインを動かしているため、そこではおっしゃるような問題は出ていません。これから将来どうなるのかについては、未だこれからの話だと思います。
詳しいことは申し上げられませんが、価格の設定方式を顧客と決めていきます。
そのような要素はありません。
よほどのことがない限り大丈夫です。
もちろんやってみないと分かりませんが、今期1Qの営業利益計画120億円というのは保守的と思っています。

ページの先頭へ戻る