質疑応答要旨

更新日: 2013年8月13日

投資家説明会(2014年3月期)に戻る

2014年3月期 第1四半期決算説明電話会議(2013年7月31日)

注:内容につきましては、理解し易いように部分的に加筆・修正してあります。

ご質問

ご質問と回答

計測機器と電子デバイスはほぼ計画どおりで、モーターが上ブレました。情報モーターがOA機器向けに好調で、HDDスピンドルモーターも前期に行なった事業構造改革の効果が徐々に出てきました。
そうです。モーターは6月に単月黒字化しました。
大きいのはLEDバックライトで、4月は未だ売上が低く赤字でしたが、5月、6月は売上が大きく伸び、利益も増えました。7~9月も売上は高水準の見込みで、利益が更に増えると思います。また、モーターも同じように4月は未だ売上が低かったのですが、5月、6月に売上が増えました。7~9月も売上が大きく減る要因は見当たりませんので、売上、利益とも改善すると見込んでいます。
近い水準を狙えると思います。
ボールベアリングの内販が1Qに比べて増え、全体の生産数量も増えることで、生産と販売のバランスが更に良くなることが理由です。生産効率が良くなり、製造原価も低下します。1Qは未実現利益が大きく発生しましたが、それも少なくなる見込みです。
4~6月期のボールベアリングの外販は月1億3,500万個、内販が月8,200万個、合計で月2億1,700万個、生産は月2億1,600万個でした。7~9月期は、外販が月1億3,300万個、内販が月8,700万個、合計で月2億2,000万個、生産は月2億2,700万個と見込んでいます。ピボットアッセンブリーは、4~6月期の販売が月3,300万個、生産が月3,200万個、7~9月期は販売が月3,200万個、生産が月3,400万個と見込んでいます。
最終製品消費地ではないと思いますが中国向けの販売が好調で、用途別ではサーバー用ファンモーター向け、自動車向け、OA機器向け、ATM向けの販売が好調でした。
8月の欧米の夏休みの影響はあるでしょうが、基調としては高水準が続くと考えています。
現段階では未だ良く分かりませんが、あまり大きく落ち込む要素も見当たりません。
10億円近い数字でした。
4月はそれほどではありませんでしたが、5月、6月と売上、利益ともに良くなっています。ファンモーターを除いて全てのモーターの生産・販売が増加しています。7~9月には更に改善が進むと見ています。本格的な操業を始めて一年余りのカンボジア工場の生産性が飛躍的に良くなって来ていることも大きいと思います。
4月は30億円程度の売上しか無く赤字でしたが、5月は48億円、6月は49億円の売上となりました。7月の売上見込みは約55億円で、8月、9月は60億円を超えていくと見ています。タブレットPC向けは未だ余り入っていません。
いつも四半期末に調整が入るHDDスピンドルモーターを除いて、4月、5月、6月と月を追う毎に売上が増えています。情報モーターはOA機器向けを中心に好調でした。モーター全体で7~9月期も売上は若干増加し、生産効率も改善し黒字化できると見ています。
残念ながらファンモーターだけはモーターの中で唯一改善が遅れています。2Qも余り改善を見込んでいません。
3Q、4Qの見込みについては2Qに比べると未だ状況が良く分からないと言うのが正直なところで、今回は期初予想に変更を加えませんでした。
次の2Q決算発表までには下半期の状況がもう少しはっきりしてくると思いますので、その時点で必要があれば見込みの修正を検討します。
LEDバックライトは元々需要変動が大きい事業であることは事実ですし、昨年はそれで苦労しました。そのリスクを出来るだけ避けようと、顧客数を増やして顧客基盤を拡大したり、韓国のKJP社と業務・資本提携したりと、需要変動リスクの低減を図っています。また、需要の安定性が高い自動車向けも増えていますので、例年、年末年始に見られるスマホや携帯電話向けを中心とした季節的需要低下に対応していきたいと思います。
変動が大きいビジネスですが、今のところ8月、9月までは高水準の売上が続くと捉えています。
4~6月期については1~3月期に比べてHDD市場はわずかに縮小したようですが、当社のHDD向けピボットアッセンブリーはハイエンド品中心にシェアが伸び、販売数量は増加しました。7~9月期については同水準の販売を想定していますが、4~6月期に在庫が減少し過ぎていますので、2Qは販売見込み以上の水準に生産を増やす予定です。
売上は未だそれほど大きなものではありませんので、ミネベア連結決算への貢献の規模は限られます。出来れば2Qから、遅くとも3Qからは連結を始めたいと考えています。
ボールベアリングで28億円増加、ロッドエンド・ファスナーで12億円増加、ピボットアッセンブリーで25億円の増加です。
数量ベースではファンモーター向けが30%、自動車向けが20%、OA機器向けが10%、エアコンなど家電向けが10%、金融端末向けが7%でした。
取組みは始めていますが、現時点では既存の高品質ボールベアリングの需要が増えて、その生産で手一杯となっているため、実際には未だ本格的な参入が始まっていません。今後の課題だと認識しています。
結構です。
LEDバックライトの上方修正が中心です。
2Qは黒字化する見込みですが、上半期通算では未だ赤字が残る見込みです。下半期については期初予想を変更しておりませんので、収支均衡の計画です。
一部の需要が先延ばしになっているためです。

ページの先頭へ戻る