質疑応答要旨

更新日: 2007年2月13日

投資家説明会(2007年3月期)に戻る

2007年3月期 第3四半期決算説明電話会議(2007年2月1日)

注:内容につきましては、理解し易いように部分的に加筆・修正してあります。

ご質問

ご質問と回答

キーボードの改善幅はまだ大きくありませんが、月次でみると月を追って改善しています。
結構です。
スピンドルモーターは通期での黒字化を図りたいと考えております。第1四半期は収支均衡で、第2四半期は2.5インチが増加したため改善が進みました。第3四半期は残念ながら赤字になってしまったので、第4四半期で黒字に回復し、通期で黒字を達成したいと考えております。そのキーとなるのは全体の生産販売数量、2.5インチの数量になると思いますが、1月の実績を見た限りでは好調であったように思います。
また、情報モーターの収益は安定してきましたが、もう一段上を目指して取り組んでいきたいと考えております。第4四半期に振動モーターとDCブラシ付きモーターのもう一段のリストラを計画していますので、更に改善が進むと考えております。
キーボードは月ごとに改善の効果が出てきていますので、着実に構造改革を実施することによって3月に収支均衡が達成できると考えております。
その他に、マイナス要因としてはライティングデバイスがあります。季節的要因によりどうしても12月から2月までは落ち込みますが、その影響が今期も同様にありましたので、このあたりを最小限に抑えるというのが一つのポイントになるかと思います。
また、スピーカーの収益が改善していたのですが、第3四半期で赤字になってしまったので、このあたりを梃入れして十分な利益を達成したいと考えております。
第3四半期は販売数量が月平均約450万台でした。第4四半期は月平均500万台超と想定しております。
固定費が大きいので、やはり数量が増えることによる増収効果は大きいと思います。
2月に更なる構造改革を予定しており、3月には効果が出るのではないかと思います。また、受注環境が非常に好調なので、情報モーターに関する懸念材料はないと考えております。
中間発表の際は、構造改革が2ヶ月程遅れているとお話しましたが、ここにきて順調に削減が進んでいる状況です。2月に中国の旧正月がありますので、その間にラインの編成替えを完了し、きちんと整った状態で3月の生産をスタートできれば、3月における収支均衡は達成できると考えております。また、不採算モデルの削減が進んで平均単価が確実に上がってきている上に、生産の減少に伴って金型や不要資産の除却を進めており、これまで発生していた減価償却費や人件費が大幅に減少してきているので、その相乗効果が出ればきちんと黒字が出せると考えております。
当社の場合、売上の約半分はUSドル建てですが、他にも日本円やユーロ、それぞれの国の通貨も関係するので、タイバーツのみで計算するのは困難です。発生する費用も輸入材料のため外国通貨で入り、タイバーツだけではなく様々な通貨で発生しますが、一定の条件下で計算すると第2四半期から第3四半期にかけて通貨変動の影響額が全社でマイナス5億円程あったと思います。円安はプラス効果ですが、当社の主要生産拠点である中国の人民元やタイのバーツ高はマイナス要素です。
その基本姿勢に変化はありません。
社内販売が月平均6,400万個、社外販売が月平均1億1,400万個でした。
ピボットアッシー部門が持っているボールベアリングの在庫を削減していましたが、それもほぼ終わりに近づいていますので、第4四半期は社内販売が増えていくと考えております。
社外販売個数は第2四半期が月平均1億2,000万個、第3四半期は月平均1億1,400万個でしたので、だいぶ減少しました。12月の欧米におけるクリスマス休暇が大きく影響しました。また、PC用ファンモーター向けで在庫調整が12月に若干あったように思います。
社外販売は月平均1億1,800万個から1億2,000万個の間位に回復すると考えております。社内販売は月平均6,500万個から6,600万個程度を見込んでおります。
よいと思います。機械加工品の利益は第2四半期から第3四半期にかけて3億円ほど減少しましたが、ボールベアリングとロッドエンドの売上が12月に伸びなかったことが影響しました。
販売数量は第2四半期に月平均2,200万個程度だったのですが、第3四半期は月平均2,300万個と少し増加傾向にあります。第4四半期はほぼ横ばいもしくは月平均2,400万個近くまでいくかもしれないと考えております。
10月、11月は好調でしたが、12月に在庫調整がありました。
よいと思います。この分野にはあまり大きな不安材料はないと見ています。
所得税の還付が10億円程ありました。配当金に伴う所得税還付がシンガポールで発生したのですが、それがなければ第3四半期の税率は38%程度となりました。
1月はまだ完全に集計しきれていませんが、速報ベースで月平均550万台強の販売がありました。
2.5インチはまだそれほど増えていませんが、3.5インチのデスクトップ用、ハイエンド用、サーバー用が増加しました。参入が遅れていた新しいタイプの2.5インチも承認活動が終わり3月頃から生産販売が増えていくと思いますので、特別な問題がおきない限り、第4四半期に月平均500万台を達成する確率は高いと考えております。
2.5インチの数量が増加するのは確実と思います。少なくとも第4四半期の数字に上乗せされていくものと考えております。
第3四半期は全体で月平均450万台でしたがそのうちの5%程度が2.5インチでした。第2四半期は10%以上ありましたので、数量は半分以下になりました。第4四半期においては、1月はまだ多くないのですが、2月、3月と増えていきます。全体の数も増えますので5から10%の間くらいまで回復できればと考えております。
1月から既に入っています。その数が徐々に増えていくとお考えください。
数量は多くなかったのですが、第3四半期から既に2社目にも納入していました。第4四半期後半から本格的に増えていくということです。
初期コストは最初の1ヶ月ほどは発生するかもしれませんが、第3四半期に既に生じておりますので、第4四半期に大きく初期コストが発生することはないと思います。むしろ、数量増加による部品部門でのプラス効果の方が大きいと考えております。
スピーカーはどうしても季節的要因によって左右されます。私どものスピーカーは、オーディオ向け、カースピーカー向け、パソコン向け、マイクロスピーカーの4部門に分かれており、オーディオ向けやパソコン向けはクリスマス商戦が終わると低迷しますが、今期はそれが少し早めであったように思います。赤字といっても大きな赤字ではないので十分に立て直せると考えております。前期も赤字でしたが、それ以前から赤字であったことを考えると、大きな改善が進んだと思いますので、もう一段更に改善できるとこのような季節要因も乗り越えられるような体質になるのではないかと考えております。
10月、11月はそれほど大きく改善していませんでしたが、12月に大きく改善しました。現在、固定資産除却処理等をいろいろ行っていますので、ノーマルな状態ではなく特殊要因が入り組んでおり、これが実態とは言い切れません。ただ、費用の削減具合や平均単価の推移を見ると確実に改善が進んでいます。
まだ収支均衡ではありませんが、損失は1億円以下の水準まで回復しました。
2.5インチも3.5インチも新しいモデルに切り替わっていきますが、私どもの新しいタイプの2.5インチは開発が遅れたことにより、お客様からの承認および生産開始時期が遅れました。
はい。そのようにお考えください。

ページの先頭へ戻る