2019年

更新日: 2019年3月19日

2019年 活動報告一覧に戻る

フィリピンのサンベダ大学が東京本部に来社

ミネベアミツミの東京本部は、フィリピンのサンベダ大学の大学生90名の訪問を受け入れました。大学の日本企業見学の一つとして訪れたものです。

初めに会社と製品の概要を説明しました。学生たちは、ミネベアミツミのボールベアリングを使用したハンドスピナーやベッドセンサーシステムなどの身近な製品に興味を持ちました。

その後、新型LED照明器具「SALIOT(Smart Adjustable Light for the Internet Of Things、サリオ)」を常設している「SALIOTギャラリー」を見学しました。学生たちは、SALIOTの説明を熱心に聞き、可能性を体験しました。

ミネベアミツミは、今後も地域社会・国際社会への貢献を継続していきます。

画像:ハンドスピナー

ハンドスピナー

画像:ベッドセンサーシステム

ベッドセンサーシステム

画像:サリオ

サリオ

画像:集合写真(SALIOTギャラリーにて)

集合写真(SALIOTギャラリーにて)

実施日:2019年3月13日

2019年 活動報告一覧に戻る

ページの先頭へ戻る