先輩社員紹介

複合製品を突破口にシェア拡大をねらう

現在の仕事

独自の研究を重ね、製品化へ結びつける

現在、当社は複数の製品を組み合わせ、付加価値をつけた複合製品の拡大に力を入れており、私が所属する東京研究開発センター(TRDC)がその開発に当たっています。ターゲットは、主にカメラや医療機器、住宅設備、車載機器などの分野です。現在も部品として多くの当社製品が使われていますが、複合製品を突破口として、さらなるシェア拡大を目指す戦略です。
部品単体では、お客様の要求仕様に沿って設計、サンプル評価、納品という流れですが、複合製品は、お客様の製品に組み込まれるユニットのため、顧客の製品設計のノウハウに触れる部分が多く、あまり情報が開示されません。そのため情報がないところから、製品や業界の動向を独自に研究しながら開発を進めていきます。開発は常に手探りです。たとえば、お客様の製品のすべての部品を分解し、性能や操作性向上のためにどのような工夫がされているのかを分析します。その上でモーターを中心としたユニットを設計して、評価データとともに提案するという流れになります。提案に興味を持っていただいて初めて、具体的な質問や要望を聞きだし、その後、キャッチボールしながら製品化にたどり着けるのです。とにかく興味を持っていただくところまで具体化するのは大変な作業ですが、そこにエンジニア魂を刺激される面白さもあります。そして、自分で工夫した製品で受注できた時の喜びは、何ものにも代えがたいものがあります。

転機となった出来事

コミュニケーションの大切さを痛感

入社2年目、特機事業部で回路の製品を担当していた時、サンプルを製作してお客様から合格をいただき、無事製品化しました。しかし、納品後に実装したところ、不具合が多いとのクレームが入りました。すぐに製品を回収し、品質管理の担当者と一緒に原因を究明しました。回路には問題はありませんでしたが、お客様の製品に載せた時の使用環境が不具合の原因となっていることが判明しました。受注時に使用環境についてのヒアリングやアドバイスが必要でしたが、仕様通りの設計で、製品自体も標準品として出ていたものなので、つい細かい打ち合わせがおろそかになっていたのです。コミュニケーションの重要性を再認識させられた出来事でした。それからは、お客様の意向や仕様書に表れない確認事項などに注意するようになり、その教訓は現在の仕事にも活かされています。

将来の夢

軸となる製品を目指して

TRDC発足後、間もない頃は、開発のほとんどはお客様主導で進められていました。しかし、自ら開発したアイデアが一つ成功すると、そのアイデアは他のジャンルの製品にも横展開が可能です。一つの突破口からどんどんと仕事を広げることができ、とてもやりがいがあります。また、TRDCには、カメラやOAなど、様々なメーカーで開発を担当したベテランの技術者がたくさん集まっています。いろいろな業界の知識や他業界の開発のプロセスも学ぶことができます。開発会議では多様な視点の意見が飛び交い、日々刺激を受けています。これからもさらに様々な業界の知識や製品のノウハウを積み上げ、将来的には、標準品として軸となる複合製品を、自分の手で作り出していくことを目標としています。

入社理由

当社は、学校では機械系の先輩が多く行っていたため、電子工学科の私にとって最初は就職先としてイメージできませんでしたが、進路指導の先生から電気系の募集があることを紹介され、工場見学に参加しました。説明を聞いたところ、回路など専門的な製品で電子工学の知識を活かして面白い開発ができそうだと思い、入社を決めました。

1日のながれ

Flow during a day

08:45
出勤
毎朝、30分程度、全体のスキルアップのための技術研究会が開かれる
09:15
メールチェック
09:40
実験室にて開発中の製品のデバック作業
13:00
営業と同行してメーカーに打ち合わせに出掛ける
15:30
デスクのPCで設計業務
18:00
退社

オフタイム

Off time

休日は家でゆっくり休むことが多いです。録り貯めたテレビ番組をチェックし、鑑賞しています。仕事とは関係のないバラエティ番組でリラックスします。

ページの先頭へ戻る