研究開発

東京研究開発センター

ロボット搭載用のAIを開発する

Y.N 2016年入社/ナノメカニクス専攻

入社
理由

大学院の博士課程ではナノメカニクスを専攻しました。その後、半導体検査装置メーカーに就職。製品開発に携わっていましたが、このときAI(人工知能)の導入に携わったことがきっかけでこの分野に興味を持ちました。ロボット関連技術者の求人を行っていたことでミネベアミツミを知り、幅広い技術基盤を持ちながら、新たなテーマに挑戦している姿勢に惹かれ入社を決意しました。

現在の仕事

最先端領域でのAI研究

私は東京研究開発センター(TRDC)に所属しており、ロボットに搭載するAIの開発に従事しています。TRDCのミッションには、ミネベアミツミの今後の柱となる技術の先行開発があります。そのテーマのひとつがロボティクスです。自動車や半導体の工場など、すでにその導入がある程度進んでいる分野もありますが、工業製品の多くは人の手によって組み立てられています。こうした、既存のロボットがまだ対応できていない分野での活用をにらんだ研究を進めています。
たとえば、箱の中に無作為に置かれた部品を正確に掴むことは、人間にとってはなんてことのない動作です。ところが、これが従来のロボットアームには困難で、対象を決まった位置に決まった向きで置くなど、事前に作業環境を整える必要があります。AIを搭載することで、人と同じように「自分で考えながら対象に合わせて」腕を動かすことができるようになります。これを実現するのがディープラーニングの技術です。対象物の膨大な画像データを使ってAIに学習をさせたり、実際にアームを動かしながらプログラムを改良したりと、日々試行錯誤の連続です。しかし、ミネベアミツミだけでなく、今後のものづくりに大きなインパクトを与えうる、まさに時代の最先端領域での研究活動は刺激にあふれており、大きなやりがいを感じています。

転機となった出来事

変化のスピードに追従する

AI研究に携わる前は「ライダー」と呼ばれるレーザーによる測距システムを開発していました。自動車のブレーキアシストや自律走行に欠かせない技術です。このライダー用の半導体デバイスの研究開発をしていたのですが、当時、社内の技術だけでは実現が難しく、大きな壁にぶつかっていました。考えた挙げ句、同じテーマで研究を行っていたある大学に協力を求められないか、TRDCのセンター長に思い切って相談してみたのです。すると、私の想像を超えて話は早く進み、結果、その研究室とミネベアミツミによる共同研究を立ち上げることが決まったのです。大きな会社なので意思決定には時間がかかるだろうと思っていたのですが、そのスピード感に驚かされました。簡単に諦めないこと、状況を打開するために一歩を踏み出すこと、そして自らの強い意思を持って熱意を伝えることの大切さを認識した出来事でした。
ミネベアミツミでは技術者が知見を広げられる環境が整っており、モチベーションにもプラスに働いています。最新情報のインプットのために、TRDCではワークショップや学会への出席も推奨されています。特にAIやロボットは、技術が日々革新されていく分野。変化のスピードに追従できることは、開発の大きなアドバンテージになるでしょう。

将来の夢

社会に貢献できるロボットを

私の当社でのAI研究はまだ始まったばかりで、アームを使って「掴む」というところから、掴んだものを正確に「置く」、そして「人の動作をまねる」さらに、その精度を高めていくなどのロードマップに従って進めています。ただし、AIを使って何ができるようになるのかは、実際やってみなければわからないところがあり、今はその可能性を追求すること自体がひとつの研究テーマになっています。非常にわくわくしますね。
ロードマップの各段階の成果を製品開発に展開していくことが目下の目標です。モーターや精密加工機械など制御系技術が集積された当社には、ロボットのハードウェアを開発しているチームもあります。いずれ、ミネベアミツミの技術を結集して、社会に貢献できるロボットを誕生させられることができればと思います。そのためにも、AIの研究だけに閉じることなく、拠点間の垣根を越えて多くの技術者と交流し、互いに切磋琢磨していきたいと考えています。

1日のながれ

08:45
出社、事務作業
09:00
ディープラーニングのコーディング、デバッグ
11:45
昼休み
13:00
データ作成委託先と打ち合わせ
15:00
実機ロボットでの動作確認
17:30
退社

オフタイム

結婚後、ポメラニアンを飼い始め、休日は散歩やトリミングに出かけることが多くなりました。犬と戯れている時間は、忙しい日々の癒やしになっています。

ページの先頭へ戻る