2017年

2017年 特集一覧に戻る

画像:ものづくり企業として次世代教育に貢献する

(2017年10月掲載)

ミツミロボット工学研究室 ミツミセブ工場(フィリピン)

画像:CEBU MITSUMI, INC. Human Resource Division Recruitment Specialist Desiree Peralta

CEBU MITSUMI, INC.
Human Resource Division
Recruitment Specialist
Desiree Peralta

近年、フィリピンでは製造業者にとってエンジニアの人材確保は深刻な課題です。ミツミセブ工場では、若い世代にエンジニアとしてキャリアを積むことに魅力を感じてもらおうと、わたしたちの所有する研究・実験設備を大学に貸し出すとともに、従業員を講師として派遣する「ミツミロボット工学研究室」(以下「研究室」)を2016年から実施しています。

大学には、必ずしも最新の研究設備が備えられているとは限りません。わたしたちが設備を提供することで、学生たちはより質の高い研究に触れ、最新のテクノロジーを実際に体験することができます。もちろん、質の高いエンジニアの育成に資するという意味で、大学や学生にとってもわたしたち企業にとっても、そして製造業界全体にとっても、非常に有益なプログラムだと考えています。

大学の協力を得るのに苦労する場面もありましたが、産業界に、そして学問の場に必要なことを大学側と話し合い、工場ツアーやOJTなどの取り組みを重ねてきたことが、今回の成功につながったと思っています。

画像:従業員による講義

従業員による講義

これまでに「研究室」に参加した学生たちは、二つの大学から合わせて100名近くになりました。アンケート調査での満足度は非常に高く、受講後に急遽当社でのOJTに参加を決めた学生もいます。また、一つの大学のコンピュータエンジニアリング学部では、この「研究室」が卒業までの必修科目に指定されることになりました。

将来的には、参加した学生に実際に地域の問題解決のためのプロジェクトを立ち上げてもらうという取り組みも考えています。同時に、さらに多くの大学で「研究室」を開催し、優秀なエンジニアの育成に貢献したいと思います。

※ On the Job Training。実務を通じて行う従業員教育のこと。

2017年 特集一覧に戻る

ページの先頭へ戻る